非成年向けのアニメやコミックにおけるヒロイン(や女性キャラ)のピンチシーンを集めたサイトです。あなたが見つけたヒロインのピンチシーンを自由に掲載することが可能です。

[作:谷菊秀/画:黒岩よしひろ 掲載誌:集英社/月刊少年ジャンプ 単行本:全12巻(集英社版)/全7巻(竹書房版)]
アニメ化もされた、黒岩よしひろ氏の代表作。氏の持ち味であるお色気描写もふんだんに盛り込まれている。巻数は竹書房版による。

5巻

皆の憧れの先輩で、凛々しい女子高生巫女、英有紀(はなぶさ ゆき)が、
悪質な客引きを行う幼馴染の同級生・剛次(ごうじ)を懲らしめる。



憑依の実の力で怪物化した剛次に逆襲される。
剛次に抱き付かれ、頬を赤く染める初心な有紀。


抱きつかれたことで頬を真っ赤にして動揺しながらも、剛次の手を振りほどき、間合いを取ろうとする有紀。
だが、剛次に追いつかれ、憑依の実の力の集中する右手で巫女服の襟首を掴まれる。


次の瞬間、有紀の女体を覆う巫女服が一瞬にして引き裂かれる。
正月の参拝客がひしめく鬼道神社の境内で、乳房を晒し、パンツ一枚の姿に剥かれてしまう。
先ほどまでの凛々しさは消え、泣き叫びながら、誰にも見せたことのない乳房を必死で隠す有紀。
しかし剛次に乳房を隠す手を外され、再びオッパイ丸出しになり、参拝客の男たちの前でその巨乳を晒されてしまう。


歯を食いしばり、必死に参拝客の目線と恥辱に耐える有紀。
しかしあふれる涙を抑えることはできず、大粒の涙が有紀の頬を伝う。


顔を真っ赤にして恥じらいながらも、剛次に捕まった小明を気づかう有紀。
しかし有紀も一緒に痛めつけられることに。
ここで巫女服の右手袖の残骸も失い、オッパイ丸出し、パンツ一枚と足袋だけの姿になってしまう。


痛めつけられる小明と有紀。
有紀は乳房を隠すことができず、激突の衝撃で有紀の巨乳が揺れる。


一瞬だけ凛々しさを取り戻すが、憑依獣化する剛次を見て悲鳴をあげる有紀。
逆さ吊りにされつつも、乳房と股間は必死で隠し、女の恥じらいは忘れない。


憑依獣に変身した剛次の姿に怯える有紀。もはや乳房を隠すことも忘れ、狼狽する。
憑依獣を見ても慌てる様子もない小明とは対照的である。


生まれて初めて見る憑依獣の姿に恐怖して泣き叫び、ついに気を失ってしまう有紀。
乳房を晒したまま、逆さ吊り状態で気絶してしまう。
巨乳で巨尻、スタイル抜群の有紀の女体が憑依獣の口へ放り込まれる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

アニメのヒロインピンチ

コミックのヒロインピンチ

その他のヒロインピンチ

ヒロインピンチ掲示板

どなたでも編集できます